節約

自炊による節約の効果

節約

自炊って時間かかるし洗い物かかるし面倒臭い。

そんなことを思っている人は多いのではないでしょうか。

実際僕も、洗い物も料理もそこまで好きではありません。

しかし、それでも自炊を続けています。

今回は、僕がなぜ自炊を続けているのかについて、僕の体験をもとに自炊のメリットをご紹介させて頂きたいと思います。

外食は高い

今に始まったことではありませんが、外食は高いです。

それがコンビニにしろ、某有名チェーンにしろ、です。

おにぎり一個150円って…ぼったくりでは…?

僕は昔、コンビニでよくおにぎりを買っていました。

おにぎりは今の時代、一個150円します。

※2024年4月現在

昔は105円とか110円が当たり前だったのに、気づけば1個150円に。

これからもっと値段は上がっていくはずです。

おにぎり一個150円て…。

牛丼一杯、大盛りで770円

某有名牛丼チェーン店、す○家に行ってきました。

最近自炊に慣れてきていたので、大盛が770円ということにビビりました。

しかも、自分で作った方がうまい。

これってもはや、外食する意味とは…。

焼肉食べ放題3000円コースについて

よく知人と焼肉の店に行くのですが、

この前、某チェーン店の牛○に3人で行った時、

3人で9千円したんですよね。

1食3人で9千円…。

冷静に考えると、自分で焼いた方が美味しい肉がたくさん食べられるのでは…?

外食やコンビニでご飯を済ませる時にかかる費用

僕は今まで、全ての食事をコンビニや外食で済ませていました。

その時にかかっていた費用をざっくり計算します。

朝は軽くおにぎりなど(500円)

朝は、食べる日と食べない日があります。

お腹が空いてる時はおにぎりやスイーツなどを買ったりしていました。

ただ、飲み物は自販機などで買っていたので、昼・夜ご飯抜いても1日500円くらいかかっていました。

とりあえず、朝ごはんは500円くらいが目安です。

昼はすき家や定食屋、ラーメン屋など(1000円)

昼はガッツリ食べたいので、外食を食べることが多かったです。

大体大盛や定食を頼むので、1食につき1000円くらいかかっていたかなと思います。

夜はコンビニ弁当やお菓子など(1000円)

夜は家でゆっくり食べたいので、コンビニでご飯を買って帰ってました。

お菓子や飲み物、弁当など、自分の買いたいものを好きなように買っていましたが、できるだけ1000円以内に収めるように努めてました。

よって、夜ご飯も大体1000円くらいです。

 

外食のみの生活は、1日2500円くらいかかる

朝:500円、昼:1000円、夜:1000円だとすると、1日にかかる食費は、大体2500円程度になります。

(少なくとも僕は、このくらい使ってました。)

つまり、1ヶ月で2500円×30日=75000円使っていたことになります。

食費にしては使い過ぎでしたね…。

 

自炊は面倒な分、食費がめちゃくちゃ浮く

最近自炊を始めたのですが、財布の中のお金が全然減らなくなりました。

自炊は確かに調理が面倒だし、洗い物も面倒です。

しかし、慣れてしまえばそこまで苦になるものでもありません。

また、全然お金が減らない上に、自炊で作る料理の方が美味しいことがあるので、外食がバカらしくなります。

自炊がだるいと思う人は、まずは重い腰を上げてキッチンに向かうところからスタートしてみてください。

きっと、外食ばかりしていた人なら、自炊が辞められなくなるはずです。

朝食の例

僕が普段食べている朝食の例です。

鮭1匹…約100円

ブロッコリー(冷凍)…約40円

冷凍ブルーベリーとバナナのスムージー…約100円

米…約40円

よって、僕が朝食に使っている金額は、合計280円になります。

昼食の例

普段僕が食べている昼食の例です。

ご飯…40円(1杯目)

鶏もも肉のカットステーキ(1kg:1000円換算)…200円

もやし炒め…10円

卵かけご飯…60円(2杯目)

よって、僕が昼食で使っている金額は、約310円です。

夕食の例

普段僕が食べている夕食の例です。

麻婆豆腐…80円

チャーハン…80円

スーパーで買った杏仁豆腐…100円

よって、僕が夕食で使っている金額は、260円です。

自炊の食費は、1日約900円

日によって金額がばらつきますが、基本的に自炊で300円以上かかることはありません。

しかも、店で食べるより量が多い上に、外食より美味しいことも。

安くなって美味しくなってお腹いっぱいになる自炊、最高です。

自炊と外食を比較してみよう

では、自炊と外食の出費を比較していきましょう。

年数 自炊 外食
1年目 328,500円 912,500円
2年目 657,000円 1,825,000円
3年目 985,500円 2,737,500円
4年目 1,314,000円 3,650,000円
5年目 1,642,500円 4,562,500円
6年目 1,971,000円 5,475,000円
7年目 2,299,500円 6,387,500円
8年目 2,628,000円 7,300,000円
9年目 2,956,500円 8,212,500円
10年目 3,285,000円 9,125,000円

※僕の食費の場合の計算です

上の表を見ていただいたら分かるとおり、10年で約600万円の差がつきます。

自炊したら、600万円も貯金できるということです…

恐ろしい…。

ちなみに100年経てば、6000万円の違いになります。

年金いらないですね。

まとめ

今回伝えたかったことは、

外食が多い人は、今すぐ自炊を増やした方がいい

ということです。

外食を減らせば減らすほど、食費は節約できます。

最近は野菜や肉も冷凍食品が増えてきて、腐る心配もしなくて良くなりました。

うまく冷凍食などを活用して、節約していきましょう。

また、節約したお金は、できれば基本的に投資に回した方が良いです。

その理由についてこちらで解説しています。

節約したお金で投資をする、「マインド」の重要性
「投資」と聞いて、怖いイメージや、お金が減ったりなくなったりするイメージがあるかもしれませんが、それは根本的に考え方が大きく間違っています。 投資は減ることを恐れるものではありません。 そもそも、自分のお金を消費ではなく投資に回すという考え...

コメント

タイトルとURLをコピーしました